低体温を改善する方法

こっそり教える!良かった低体温サプリメントとは

低体温を解消したい!

 

最近、体調の不調を感じるなんてお悩みの方!

 

最近、女性を中心に「低体温>」の人が増えています。女性では4割、そして現代では男性でも3割近くの人が低体温になっていると言われています。

 

そんな方は、特にこの冬の時期になると手足が冷たくて辛いという人が多いと思います。

 

また、冬に限らず夏でも冷房で手足が冷たかったり、体温が低いという方も少なくないのではないでしょうか…

 

低体温で悩んでいた頃は冬の時期になると足が冷たくて、なかなか寝ることができないってことがよくあったんですよ!

 

この悩みを解消するために私の場合は、サプリメントや入浴剤・生姜湯などいろいろと試してみたんです。

 

個人の見解ですが…正直、効果があったものとあまり効果がなかったものがありました。

 

そこで、私が試してみて良かったものをご紹介しますね。

当サイトでおすすめのサプリメント・入浴剤・生姜湯のランキング

αGヘスペリジン

江崎グリコののαGヘスペリジンの特徴

お菓子でメーカーとして有名な江崎グリコが作ったサプリメント!!独自の開発によってできた「ナノヘスペレチン」と「糖転移ヘスペリジン」の2つの成分を配合!!このサプリメントは1粒でみかん30個分のヘスペリジンが取れる!!なので体がポカポカに!!1袋31粒入りなので毎日飲み続けることができますよ。

価格 1080円
評価 評価5
備考 サプリメント

温活女性におすすめ!『高麗美人』の特徴

\ テレビでも大人気!リピート率はなんと88%!/
更年期女性とくに40?50代の体がだるいなど体の不調に悩みを解消してくれる高麗人参サプリメント『高麗美人』

体のめぐりを良くしてポカポカに口コミでも評判みたいですね♪

価格 3024円
評価 評価4.5
備考 サプリメント

 

 

測ったことがない方は体温計で一度あなたの体温を計測してみてください。

あなたの平熱36.5℃以下なら、注意信号!放置しておくと体に不調を引き起こす可能性も…

 

手足がつめたい女性特有の”冷え性”とは異なり、体温を測定しないと発見できないのが低体温です。

 

知っている平熱って何度?

「知っているかわかりませんが日本人の平熱の平均値は36.5℃以上」なのです。近頃は、平熱が35度台の女性が急増していて、自分が低体温であることを自覚していない人が多いのが事実です。

 

体温が低いあたな!低体温を放置しておくとこうなってしまうかも?!

体温が低下していると、体の熱を放出させないように血管を収縮させるので血行が悪化します。そのことにより、肩こりや腰痛、頭痛、めまい、耳鳴りなどさまざまな体の不調を起こす可能性が高くなります。

 

女性の場合は、それにより不眠症、月経痛や月経不順、子宮筋腫など女性の病気を引き起こしてしまいます。

 

また、がん細胞は35℃で増加しやすいとのこともあるので、かなりの危険性をはらんでいるらしいです。

 

低体温を解消するには

低体温の症状というと抽象的なので具体的にどういった症状なのか。一般的に人の体温は36〜37度を維持しています。一方で平均体温が36度を下回っている場合は低体温といいます。低体温の症状には手足の冷えだけでなく、血色が悪い、むくみや女性の場合は月経不順などがあります。

 

そういった低体温の症状は体にとって重要な免疫力の低下を引き起こします。免疫力が低下することによって、風邪を引きやすくなったり、インフルエンザや細菌感染などの重篤な疾患にも罹りやすくなります。

気をつけたい!体温が低い危ない病気

病気が気になる

 

体温が常に35度台になってしまう低体温症は、人間が生命機能を維持する上において重大な病気を引き起こしてしまう原因にもなります。

 

例えばガンにかかりやすくなったり、さまざまな感染症にかかりやすくなってしまったり血行不良で頭痛を起こしてしまったりすることがわかっています。

 

低体温のメカニズムは複雑ですが色々な要因が組み合わさって発症することがわかっていますが、主な原因は過度のダイエットによる栄養のバランスが崩れることが挙げられます。体温を上げていくには、相応のエネルギー源が必要なのです。そのエネルギーの元になる栄養が食事制限などでしっかりと体内に取り込めなくなると必然的に体温上昇ができなくなるのです。

 

次に考えらえる原因として、過度のストレスが考えられます。社会生活を送っている上で様々なストレスが降りかかってきますが、日頃からストレス解消をうまくやっていかないといつのまにか自律神経の乱れを引き起こしてしまうことがあるのです。自律神経は体温調節を司っている器官なので直接的に影響を受けやすく結果的に低体温を引き起こしてしまいます。上手に気分転換をしてストレスを溜めない生活を送ることが重要です。

 

その他では極度の寝不足が続いた場合や、日頃の運動不足で筋力が低下した場合なども考えられます。特に筋肉が減ってくるとエネルギーの燃焼をすることが難しくなるので体温を上げていくことができなくなるので毎日少しでも良いので継続的に運動をすることがとても重要になってきます。

 

低体温の原因は以上のものが最も多い原因となっていますが、病気が原因で引き起こされているケースもも非常に多いのです。

 

考えられる病気の代表は動脈硬化などの生活習慣病や子宮筋腫、子宮内膜症などの婦人科系疾患が挙げられます。動脈硬化は日頃の食生活の乱れや運動不足などによって血管ないにコレステロールが蓄積することで血管内壁が狭窄してしまい血流を悪くするので体温上昇に問題が出てきます。

 

体温が低いとこのような病気や体の不調に見回る可能性があるので、体温が上げてくれる入浴剤やサプリメントなどうまく使って体のめぐりを良くしていきましょう。

自分が低体温、または低体温予備軍かどうかのチェックの方法

それでは、自分が低体温、または低体温予備軍かどうかのチェックの方法について説明したいと思います。

 

まず、体温計を用意しましょう。

 

入浴直後や激しい運動の後は避け、外の気温が急激に変化しにくい屋内で体温を測り体温を記録します。この時に36度を下回っている場合は低体温予備軍かもしれません。

 

女性の方は基礎体温を測っていれば、普段の体温が分かるので体温を把握しやすいです。

 

また、手足の冷えや寒気がした時の体温を測るとより確実に低体温かどうかチェックすることができます。低体温は主に生活習慣が原因となることが多く、痩せすぎ、運動不足、薄着、バランスの悪い食事、体が冷たくなる食事の摂り過ぎ、冷房の温度や入浴をシャワーで済ますといったことが挙げられます。

 

低体温の症状を緩和するにはこういった生活習慣の改善が最も効果的です。

 

この低体温を改善するためには、食事や運動といった生活習慣の改善やサプリメントなどで低くなった体温をあげる必要があります。

 

日頃の生活を見直して低体温を改善してみましょう。

低体温で冷え性の私が変わりました

夏以外のほぼ一年中、つま先の冷えに悩まされています。歳を重ねるたびに冷えが酷くなってきます。平熱も低くて36度以下です。冷えによる健康上の困りごとは、風邪をひきやすく治りづらいことです。美容上の困りごとは、顔色が悪いのでくすんでいることです。

 

冷え性の人は、身体を冷やす冷たい飲み物や食べ物を摂取してはいけないとよく言われます。ですが言われずとも、冷たいものなど寒くてとても食べたり飲んだり出来ません。そんな低体温・冷え性の私が昨シーズン変わったのです。

 

昨シーズンの冬は、睡眠時以外は常に、カイロを貼っていました。背中や腰やつま先など、「温めたいな」と思った部位にペタペタと貼っていました。カイロを貼り始めたら明らかに体調が良かったので、カイロ代を惜しまずに毎日使い続けました。

 

カイロ代はかなりの金額になりましたが、そのおかげで冬にいつも頻繁にひいていた風邪を一度もひきませんでした。咳も出ませんでした。平熱も36度を超えました。冷えは万病の元と言いますよね。温めるって身体のためになるんだなと実感しました。カイロ代はかかりましたが、風邪や咳で仕事を休むことを考えたら、十分に元を取ったと思います。