体温が低い方は診断してくだい!

こんな症状があったら低体温!

チェック

 

あなたは大丈夫!?低体温の症状チェック

むくみやすい

冷えによる血の循環が悪くなることで、内臓機能の低下を招きます。心臓や肝臓などの体内の機能が低下することによって血液・水分循環が悪くなり体に水が溜まりやすくなりむくみの原因になります。

痛みがある

冷えにより体を温めようと活発になり、交感神経が興奮することにより血管を収縮させてしまうことがあります。それにより血流が停滞し、体に不要な老廃物を排出することができなくなり痛みを感じる。

うつ《ストレス》

ストレスを溜めることで交感神経が興奮して血管が収縮され血流が悪化し体温が低下します。低体温の人は、細胞が活発に働かないために脳神経伝達がうまく機能せずやる気がおきなくなりうつ状態になることがあります。

眠れない《不眠》

これも身体が冷えていることで交感神経が興奮して寝つきが悪くなります。足湯などすることで体を温めリラックスすることで改善されることもあります。

生理痛や生理不順

子宮や卵巣を冷やしてしまうと、生理痛や生理不順などになりやすくなります。冷えは妊娠にとっては天敵といってもいいでしょう。また、男性の場合にも過労やストレスが原因で冷え、精力減退につながります。

便秘になりやすい

女性に多いのが便秘!筋肉が少ないため冷えやすい体になっています。体が冷えることで腸内機能が低下して便秘になります。

 

このように低体温の可能性がある症状をご紹介しました。これらの症状があるという方は可能性が高い場合がばりますので、ぜひとも一度体温を測ってみてはいかがでしょうか?
低体温を改善すれば、あなたの悩みも解決することができるかもしれませんね。