低体温を解消する食べ物

体温を上げる食べ物とは

体温が上げる

 

そもそも、人間は朝起きた時は体温が低く、午後になると徐々に体温が上昇していきます。しかし、「低体温」になると、午後になっても体温が上がらなくなってしまいます。

 

冷え性気味の人は比較的自分が「低体温」であることに気が付きやすいのですが、中には自覚症状がほとんどない人もいます。

 

体温が1度低下するだけで、基礎代謝や免疫力が大きく落ちると言われており、風邪をはじめとする様々な病気にかかりやすくなります。

 

「低体温」の人は、体温を1度上昇させることによって免疫力があがるだけでなく、基礎代謝が上がり太りにくい体になるのです。

 

体温を上げるものを積極的に摂取するようにしましょう。

 

体温を上げる食べ物としておすすめなのが「牡蠣」です。

 

牡蠣には体温を上げる作用のあるビタミンやミネラルが豊富に含まれており、これらの働きによって体内のブドウ糖が熱にかわり、体温も上がりやすくなります。免疫力があがるだけでなく、基礎代謝が上がり太りにくい体になるには、牡蠣を積極的に取るのがおすすめです。

 

もし、牡蠣が苦手な人は、ビタミンやミネラルを手軽に摂取できるサプリメントを活用するとよいでしょう。免疫力があがる、そして基礎代謝が上がり太りにくい体になるように、日頃の食生活にも気を配りましょう。

低体温を食事で改善するには

高齢化社会への突入が始まり、ますます健康に対する意識や関心が高まっています。病気や怪我に悩まされないよう、日々の生活習慣を見直す人が増えているのです。

 

その主な対策が食事療法であることはよく知られいるところです。

 

健康維持や健康増進のための食品が常に人気を博しています。しかし、これらの健康食品は一過性のブームで終わることがほとんどです。一つの栄養素を長くとり続けることは困難ですし、そもそもその効果に対しても疑問が残ります。万能薬の役割を果たす栄養素というものは存在しません。もっと本質的で根本的な対処が食事療法には求められます。

 

健康を害する要因として、低体温をあげることができます。高齢者に多くみられる症状ですが、昨今では若年層でも低体温の方が増えているとの報告もあるのです。低体温になると、疾患にかかりやすくなるだけでなく、病気が治りにくくなるという弊害も生まれてしまいます。食事療法では、この低体温の回復を目指すべきなのです。

 

体温をあげる食品としてはタンパク質をあげることができます。特に温かい鍋や汁物などを活用し、積極的に摂取するようにしましょう。もちろん古くから言われているように生姜や唐辛子などの香辛料を活用するいことも効果的です。カモミールやサフランも効果が高いと言われています。

 

ポイントは食事のタイミングです。最も効果的なのは朝食時です。朝食を確実に摂取し続けられれば、確実に低体温症は改善されていきます。