体を温める正しい入浴方法

半身浴で体を温めるには

ただでさえ、冷え性で足が冷えてしまうのに…

 

なんてかたは、帰宅したらすぐに38〜40℃程度のぬるま湯で半身浴をするのがおすすめです。冷えたからといって高温のお湯に肩までつかると心臓や肺に余計な負担がかかって血圧や心拍数の上昇して、体がかえって疲れてしまいます。

 

最悪の場合、のぼせて倒れてしまうなんて危険性もあります。

 

なので、気分が落ちつく温度(38〜40℃程度)のお湯で胸の下までしっかりとつかり、のんびり時間をかけて体を徐々に温めていきましょう。

 

炭酸水のここでおすすめ!

入浴をする際に炭酸を利用することで血行を促進することでき、普通にお風呂に入るよりもポカポカになること間違いなしです。

 

炭酸によって体の芯から体を温めることができますよ。

正しい半身浴の入浴方法

半身浴はやみくもに入っては効果がありません。なので正しい知識で安全に体を温めて行きましょう。

 

そして楽しいバスライフをおくりましょうね。

 

おすすめの入浴方法って?

浴槽を38〜40℃くらいのぬるま湯にして胸のしたまでつかりましょう。
10〜15分程度つかったら一度休み、体や髪などを洗いましょう。
洗い終ったら再びぬるま湯につかって5分程度、顔にじんわりと汗がでる程度でいいでしょう。
いったん休んでから再度5分程度つかりましょう。

 

半身浴を始めたばかりの頃は寒いと感じるかもしれませんが、何回も行っているうち様々な効果が現れないかもしれません。

 

半身浴によって新陳代謝もよくなってきますし、暖まるまでの時間も徐々に短くなってくるからです。少し気長に半身浴に取り組んで楽しみながら入浴をすると良いかもしれません。

 

※寒い時期にお風呂に入るときは、脱衣所を温めてからお風呂に入るように心がけましょう。