男性で体温が低い方は

今男性の末端冷え性が多い?その原因とは

 

 

冷え性というと、女性特有の悩みだという印象があります。

 

しかし、<span style="font-size:16px" class="lbg">現在は男性でも起こるのが末端冷え性なのです。

 

症状は、手足の先がとても冷たくなり、冷えている状態を指しています。

 

寒さの厳しい冬の時では、特段、珍しいことではありませんが、夏の熱い最中でも、手が異常な程に冷たかったり、足もかなり冷えているので、辛くなってしまう男性の人も少なくありません。

 

末端冷え性は、ある意味、血行が悪くなっている状態なのですが、健康面で悪影響を及ぼしてくるリスクもありますので、その原因と対策を取る必要が出てきます。

 

男性が末端冷え性になる原因は?

一番、大きいことはストレスです。仕事の忙しさから来るストレスも末端冷え性の原因と考えられています。

 

ストレスから、筋肉がこわばったりして、血流が悪くなることが少なくありません。これにより、心臓から遠い手足の先まで血液の循環が滞り、冷たくなっていきます。

 

そのほかには自律神経のバランスが崩れることで冷え症になるということもあります。

 

それは、ストレスが一定以上のレベルを超えると、副交感神経の活動が鈍くなり、新陳代謝が鈍くなります。

 

新陳代謝が悪くなることは、単なる冷え性の原因だけでなく、身体全体の活動にも決してよくありません。

 

そのようなことから冷え性は、身体の調子が悪くなっているパロメーターと理解することもできるのです。

 

事務作業で体が冷える原因に?

精神的なバランス崩壊が原因とされるケースの他にもあり、最近のオフィス事情も挙げられます。

 

各社員はパソコンに向かって、事務作業を続けています。

 

長時間に渡るパソコン作業が、肩こりや首の凝こりを発生させて、やはり血液の循環を鈍らせてしまいます。

 

これらも冷え性の原因とされています。

 

末端冷え性を解消させるためには、血流を活発にさせて、健全な新陳代謝に戻すことが大事です。

 

そのためには、ストレスを溜めない工夫が必要です。

 

休憩時間の中で、整理体操やストレッチを行い血流を促したり、リラクゼーション効果の高い腹式呼吸で、自律神経のバランスを整えることも高い効果を生み出してくれます。
帰宅してから、ゆっくりと時間をかけて入浴することも、良いでしょう。

 

半身浴などは身体の芯から温まることができますので、末端冷え性には、うってつけの解消法と言えます。

 

またそれでも解消しないというのであれば、サプリメントなどを取るとこ効果的に改善することができるでしょう。