低体温を改善する温活方法

運動が苦手な人でも出来る温活

低体温だと内臓の働きが落ちます。体中をめぐる血液の流れも悪くなるので結果冷えてしまうのが原因です。

 

冷え性の人は必ず低体温だと言われてます。

 

低体温であることによって体の機能が落ち冷え性になることがあります。

 

体温計で計って36℃以下だった場合は、低体温に入りますので、体の内部を温める温活をおすすめします。

 

運動することで体を温める方法がありますが、ひどい冷え性の人は疲れやすくて運動が続きづらいことが考えられます。

 

なので、動かなくても気軽に行える温活を紹介します。

 

浴槽にお湯を入れてそれに浸かるだけで十分温活をすることができます。とくに半身浴などじっくりお風呂に入るといいですね。

 

お風呂は体の血流を良くするために冷え性改善にいいです。

 

冷え性ではなくても冬に湯船に浸かると血行が良くなって気持ちがいいという経験を誰でもしたことがあると思います。お風呂に入ると気持ちが良くなるのは寒さで収縮していた血管が拡張することで体中に酸素が行き渡るからです。

 

冷え性の人の血管は普段から酸素不足になっています。体の隅々にまで栄養を送り届ける酸素の働きが悪くなっているため、代謝が下がってそれが冷えに繋がってしまうんです。

 

お風呂に入ると血管が拡張することで体に栄養が行き渡ります。

 

そのため、代謝が高まって体温が上がります。

 

だからじっくり湯船に浸かりましょう。体が温まったかどうかは浴槽の端を指で掴んで確かめます。

 

掴んだとき、脈を感じられれば血流が良くなり、体が温まった証拠です。

 

このように、運動をしなくても低体温の症状を改善することができます、体調が優れないなど低体温の症状があるのであれば少しでも早くこのような対策をすることをおすすめします。

 

それでも、忙しので時間がないなど理由がある方には、サプリメントや生姜茶などをうまく活用して温活に取り組んで見てはいかがでしょか、とくに女性の場合には、体温を上げるだけでも身体の不調を改善することができるのではないでしょうか?

 

ぜひ一度試して見てはいかがでしょうか。