体温が低いことによる危険性

現代の日本人に多い体温が低いとこんなに危険だった!?

 

 

ここでは低体温とはどういったことか、体温が低くて悩んでいる、気になる症状などをご紹介しています。

 

日本人の平熱の平均値は36.5℃以上と言われていますが、とくに女性の中には平熱が35度台である人が少なくないことが分かっています。一般的に体温が低いということには様々なリスクがあると言われており、あまり良いことではありません。

 

よくいわれることが体温が1度下がると免疫力が3割低下するとも言われており病気になりやすくなり、老化が進む原因にもなると言われています。

 

そのため美容目的でも体温を適正温度にしておくことが大切になってきます。

では、低体温って何度から?

一般的に平熱が36度以下の状態低体温と言います。

 

日本人の平熱の平均値は36.5℃以上ということを考えるとほんの少し低いだけに思えますが、これだけの差でも身体には大きな影響が出るのです。

 

平熱の測り方

午前10時くらいには買った体温が適切であると言われています。女性が良く記録している基礎体温とは違うものですので注意が必要でしょう。

 

低体温の除隊が長く続くと活性酸素が大量発生すると言われています。この傾向は体温が低くなることで活性酸素の発生を抑制する酵素の働きが弱まるからであると考えられています。日本人の平熱の平均値は36.5℃以上と言われている背景として、それくらいの体温で最も活性化する酵素や腸内細菌が人間と共存しているということを意味するものでもあるのです。

 

この様な低体温症はすぐにどうこうということがありませんので気が付いていない人も少なくありませんし、気付いていてもそれほど気にしない人も多いのですが、美容の大敵であることは知っておかなければなりません。