低体温と頭痛や吐き気

低体温と頭痛と吐き気

身体の体調を図るのによく参考にされるものとしては体温がありますが、この体温に関しては最近では低体温となる人が多くなってきています。

 

この低体温が原因で様々な症状を引き起こすことがあります。低体温に関しては女性などが冷え性などになりやすいため多いそうですが、この低体温の原因には様々なものがあります。低体温は生活リズムの崩れからくることが多く、食生活の偏りやダイエットなどのし過ぎ・運動不足・ストレスに関する血行不良・ホルモンバランスによる自律神経の乱れなどがあります。これらの原因に関しては女性に関連があるものが多いのですが、特に女性ホルモンのバランスに関しては月のものなどもあるために、低体温に悩む女性が多いということになります。

 

さてこのように低体温の原因があるのが分かりましたが、今度は主に現れる症状について説明していきましょう。低体温であると身体の代謝が悪くなります、これは酵素が関係していて低体温だと酵素の機能が低下し身体にさまざまな悪影響を及ぼすことになります。
またこれによって新陳代謝も悪化するために免疫力も低下するため風邪をひきやすくなったりアレルギー反応が多くなったりとさまざまな症状が表れやすくなります。

 

具体的な症状としては更年期障害・自律神経失調症・生理痛・頭痛・吐き気・腰痛・冷え・などの症状があげられます。

 

今回紹介するのは頭痛や吐き気などの症状ですが、これらは低体温における主な症状であったり、あるいは自律神経失調症や更年期障害などの影響も考えられます。また女性に関しては生理痛や生理不順でも低体温で起こりやすい症状となっていますので、それによって頭痛や吐き気が起こりやすくなっています。

 

このように低体温状態というのはさまざまな症状を引き起こしてしまう原因のなってしまうので、この中の一つだけの原因を改善しても良くならないというケースがあります。

 

まずは生活環境などを見直して総合的な改善をする必要があります。その過程で頭痛や吐き気なども総合的に治していなかくてはいけないのではないでしょうか。